遠距離介護支援協会の活動を広げるために、当協会の主旨にご賛同頂き、協賛してくださるサポーター(個人・法人)を募集しております。お寄せいただいた賛助金はより活動を充実させ、広めていくための協会運営に充てられます。詳しくは こちら

介護保険外サービスを使っている人の声

困った時は電話一つかければ、ほとんどの願いを叶えてくれる。介護保険みたいに面倒なことはない。施設に入って、病院受診するのに親戚ばかりに頼むわけにはいかないので、介護保険外サービスを月に2、3回ほど使っている。付添ってくれる人は手際が良いし、受診の後に買い物をしたり、急に体調悪い時もいくつかの科を回ってもらえるので、本当に便利で助かっている。
[ご利用者 足羽様]


仕事が忙しく東京に居る姉、海外に居住する私にとって、一人暮らしの母の介護をすることは非常に困難で限界がありましたが、介護保険外サービスを利用させていただいて以来、本当に助かっております。
日々の事細かな様子の報告はもちろん、病院の付き添い、また医師との相談も代行してくださったり、様々な介護に関する不安も相談させていただき心強い限りです。一人暮らしの母を安心してお願いすることができるスタッフの方々に出会えたことをとても感謝しております。本当にありがとうございます、そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。

[バンコク在住 Oka様]


鳥取県内の老人ホーム入所中の母が、昨年の7月に突然週1回の病院受診が必要な病気となりました。私達娘2人は横浜と京都と遠方に住んでいて仕事もあるためそれに対応することが不可能な状況で、途方にくれておりました。そこで出会ったのが介護保険外サービス。専門的知識をお持ちなので母の状態が不安定な時でも安心しておまかせする事ができ、また急な病院受診にも対応して下さっています。いつでも連絡を密にとっていただき、母の状態状況に応じて必要的確なアドバイス・対処・援助をしていただいています。何よりも、こちらの立場を理解して母と私達家族に寄り添い配慮して下さり、大変心強い思いです。仕事で多忙な私達は、メールやラインにての連絡のやりとりは夜間にでも対応できるので、昼間の仕事に影響することなく母の状況が把握できとても助かっています。現在、月2回の病院受診へ連れて行ってもらい、それ以外に状況観察を兼ねた母の訪問もお願いしており、母は来て頂くのを心待ちにしております。母は久々に会う私達よりも訪問してくださるスタッフの方々と、心を通わせているようです。私達は、約2か月おきくらいしか母を訪問できませんが、皆様に支えていただきながら、お互いに離れ離れに暮らしていましても、皆が安心して心穏やかに日々の生活が送れています。『住み慣れた故郷で、人生の最後を幸せに過ごしたい』という母の思いを支えて下さっているスタッフ皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。

[利用者家族:京都在住 辻様]


介護者と要介護者の間にあるニーズのギャップを埋めてくれる、痒いところに手の届く民間サービスに出会えました!!
行政の手の届かないちょっとしたことを引き受けてくれる、一人暮らしそして、介護が必要な高齢者に特化した「何でも屋」。
近くで介護できない身にとって介護保険外サービスはとっても有難く頼りになります。次の帰省する日まで安心して仕事ができます。
今後急激に老人が増えていく日本、自分自身もすぐお世話にならないといけないかもしれません。だからこそ、「わたしの看護婦さん」の有り難いサービスがどんどん広がるよう期待しています。

[東京都 G様]


サポーター 1口10,000円/年~

介護相談30分程度 1回

サポーター(個人賛助)のお申込みはこちら

法人サポーター 1口50,000円/年~

ホームページ内のバナー設置
サンプリング配布
SNS情報発信 1回
求人情報の登録
訪問サービスアプリのレンタル(有料:代表者にはシルバー検定以上の認定が必要)
訪問サービスキットの購入(有料)

法人サポーター(法人賛助)のお申込みはこちら