お試し10問です。

Q1: 介護職員であれは、介護の専門家に相談する場合、被介護者の個人情報を明かしても構わない。



Q2: 介護士が排便時の痛みを訴える人に対し、摘便を行うことは許される行為である。



Q3: 脈拍は個人差があり、運動、食事、入浴、治療薬、感情などの影響により増減する。



Q4: 訪問介護の『生活援助』での買い物支援は、利用者及び家族の必要物品を購入するサービスである。



Q5: 食前薬は食事の直前に服用することで、高い効果を発揮する。



Q6: 介護保険サービスの利用者負担額は、対象者全て1割負担である。



Q7: コミュニケーションをとるためには、まず自分のペースで話をすることが大事である。



Q8: ろれつが回らない、片側顔面麻痺、急激な視力低下等が起きた場合でも、短時間で回復すれば、受診する必要はない。



Q9: 介護士は、医師や看護師の指示があったとしても、法律上、医療行為を行うことはできない。



Q10: 同居する家族と在宅療養者との意見が異なるときは家族の意見を優先する。